2020/02
 1234567891011121314151617181920212223242526272829 

OPS試射会へ行ってきました。

Fontrotさんの試射へご一緒させていただき、
試写会となりました。

OPSのシューティングレンジ使用料は一時間500円となっております。
30mでは、どの銃でも大差なくよくまとまりますが、
30mを超えると、銃の性能差が見えてきます。

30mレンジですら、都内では皆無に等しいです。
OPSの40mのレンジは素晴らしい!


私も新たなHOPのテストや、黒槍のテストを行いました。

新HOPの弱点を発見。対処しなくては。
003_20111102201210.jpg
Foxtrotさんの、次世代M4、AK74NMそしてStG 44(MP 43、MP 44)。
三人でパドックカスタムされたMP44の射撃テストをしました。
十分な初速によって、40mもGood。
サイクルもちょうどよく、強度の弱いところを補強してあり、
非常に使いやすい銃になっていました。
パドックカスタムは、素晴らしいと実感。
005_20111102201209.jpg
私の消音カスタムのAKでは、40mに届きませんでした。
この消音カスタムの初速は電動ハンドガンと余り変わりません。
009_20111102201209.jpg
ダットサイトって、こんなに光るときがあるのですね。
011_20111102201208.jpg
バイオBB弾がもったえないので、
普段は撃たないnamiちゃんも、このときばかりは撃ちまくり。
013_20111102201207.jpg
ピンクのM4、90m/s超えの高い初速により、40mもGood。
014_20111102201146.jpg
Foxtrotさんに,黒槍を撃ってもらいました。
016_20111102201145.jpg
この黒槍、先日のデチューンにより、結構ばらついていました~。
OPSでは近距離線のほうが多いし、
長距離での撃ちあいは消耗戦になるためあまり楽しくはなく、
気づけば最近M93Rばかりを使っているのですが、
それとは別に、長距離でも当たるチューンをして楽しんでいるのです~。
またチューンをし直します。
019_20111102201144.jpg
022_20111102201144.jpg
023_20111102201143.jpg
024.jpg
026.jpg
028.jpg
Foxtrotさんが持ってきてくださった、戦車。
033_20111102201121.jpg
そのあまりの出来のよさに感動。
034.jpg
作り方や、苦労話を聞かせていただきました。
035_20111102201120.jpg
036_20111102201120.jpg
037_20111102201054.jpg
038_20111102201054.jpg
039.jpg
040.jpg
041_20111102201052.jpg
043_20111102201052.jpg
namiちゃんより片倉だんごをいただきました。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト



ずらし撃ちが必要になってしまった。

F03さんのサイトで、某黒槍使いという風に呼ばれていて、
やっぱり僕にはコレかな。と認識しました。
その黒槍の話です。
001_20111026002935.jpg
ハイサイを捨て、
痛みの少ない0.2gBB弾でも、遠距離で高いグルーピングを得るべくカスタムした結果、
0.2gBB弾でも、40m先のマンターゲットを外さないくらいにはなりました。

ただなぜか、ずらし撃ちが必要だったのです…。
無題
その他、先日のゲームにて気がついたことがあります。
この新開発ノズルによって、スプリングが弾の上がりを若干妨害することによって、
ゼンマイの巻きが足りない時に給弾不良を起こすことが分かりました。
サイクルを落とすと、問題なく作動してくれました。
このノズルは、スプリングの弱いマガジンや、ハイサイクルには向いていないようです。


話が戻ります。
先ほど初速を測定して、ずらし撃ちが必要だったわけが分かりました。

強いスプリングを、フルストロークでピストンさせると、
撃っているうちにスプリングがへたるようなのです。

ちなみに五分くらい休ませると、すぐに元の初速に戻ります(笑)

こちらのVTRをごらんください。

このとうりでした。
二回目に測定した時は、
一回目の測定で、スプリングがわずかにへたっててくれていたせいか、
初めの10発、
88.04
88.00
88.14
88.38
88.04
88.00
88.27
87.97
88.04
88.00
なかなか良い、安定性を見せてくれました。
というか、バイオBB弾でこの安定性は、見たことないです。

※決していい結果だけを撮影したわけではありません。

今までは、四桁ぴったり初速が揃うなんでことはあんまりなかったのですが、
このカスタムでは、たびたび見られることがありました。


これで0.25gBB弾を使用して、
スプリングによる変化をなくせば、
どれほどのグルーピングになるか…。

モーターだけは変えて、もう少しだけサイクル落とす予定ですが、
ずらし撃ちは楽しいので、とりあえずはこれで満足してみますw

F03さんに某黒槍使いと命名されたし、
これからは、遠距離は黒槍、近距離はM93Rが良いのかななんて考えている今日この頃です。

ダブルブレーキシステム。今までもいろいろほざいていたけれど、これがそれらの研究結果です。

「私は、作ってはいけないものを作ってしまったのかもしれない…」と、
ナルシストになっちゃうくらいのカスタムです。

その名も「ダブルブレーキシステム」と命名。

エアブレーキと、ダンパーブレーキを双方共に、バランス良く効かせることにより、消音化を図るやり方です。

ダブルブレーキシステム
スプリングを強くした時におこるギアノイズが一番うるさいので、
スプリングは弱めがおススメです。
セッティングしだいで、
秒間20~25でも打撃音に関しては十分に効果を発揮することができます。

もちろん、シビアに「ピストンスピード」と「ピストン重量」等をコントロールする必要があります。

ピストンはノーマルよりもやや重めにしたほうが、
シリンダー内の空気圧の反発する抵抗に打ち勝つため、命中率は上がると思われますが、
これがまた重すぎるとたくさんの問題点がでてきます。
なにはともあれ、バランスが肝心。とか言ってみる。
・自分はノーマル、重り込みでやりました。
 30mのグルーピングも非常に良好でした。



今日射撃テストをしてみました。
消音、弾道ともに良好でしたが、
マルイ純正HCカスタムにそのまま組み込むと、
わずかにピストンスピードが足りず、ピスクラしかけましたので、
ギアのみノーマルに戻しました。

素材選び、ゴムの加工等必要ですが、
今のところ、この効果は絶大といってよいものに仕上がっています。

ピストンヘッドとダンパーの接着が弱いと、
シリンダーヘッドノズルに入るはずの細いゴムがポロっと出てきます(笑)
消音性はかなり低下しますが、作動には問題ありませんでした。

細いエアブレーキゴムの耐久性を高めるためには、何らかのグリスを塗っておく必要があります。
ダンパーとして使用したPoronゴムに高粘度グリスを練りこんでみましたが、いまいちでした。
シリンダーグリスかシリコングリスか、シリコンメンテナンススプレーのほうがいいかも?
はたしてこのセッティングで、どれくらい持つでしょうか。
一年持たせることができれば、本当の意味で完成です。

転び屋ノズル

無題
先日紹介したこのノズルをタペットプレートに接着しました。
セミオートテスト完了。

無事に機能しました!

これは…ヤバイかも♪

よりよいメカボを考える。

最近マルイHCよりも、マルイ純正のほうがグルーピングが優れていると気づきました。

ハイサイクル化によるグルーピング悪化の一番の原因は、セクターカットではないかと思います。

ハイサイは近距離での撃ち合いやセミオート戦を考えると、かなり有利だと思いますが、
中~遠距離での命中精度のことを考えると、次世代かノーマルのほうが良いと思いました。

近距離戦よりも、中から遠距離のほうが多いので、ハイサイやめて、『ハイバランス型』メカボ作ろうかな~。

耐久性があり、
セクカ無しでもある程度サイクルが速く、
音も小さめで、燃費良し。

スプリングをちょいと強くして、
その分ダンパーをいれて、
モーターとバッテリーの変更により、ちょっとだけサイクルを上げます。

いつもnamiちゃんのM4に施しているチューンです。

結局これが一番か。

この状態でサイクルを上げるために強いスプリングを入れると、
音が大きくなり、音を消そうとするとサイクルが遅くなる。永遠のループ。

黒槍(RPK)をサイクル重視にして、
Diabloを消音重視にするのが◎かもしれましぇん。

あるいはピスクラしやすいが、弱いスプリングでサイクル速めで、消音性を出すか。
ピスクラを起こすことを前提にして作るという、
クレイジーなセッティングもありますねw

え?
ノーマルが一番だって?

はい。そのとおりです。

転び屋なのに、『つまづかないノズル』を開発。

今日はnamiちゃんと新宿へ先日のBBQのお返しになるものを探しに行きました。

そして、エアボーンへ行きました。

エアボーンのいつもお世話になっている店員様に、以前から知りたかったことや、
ネットなどには載っていない情報を教わってきました。
エクセルBB弾(エアボーン価格現在1390円!!!)やら買ったのですが、
パカ山ノズルなるものを購入しました。

エアボーンは決して金もうけ主義のショップではなく、エアガン好きの、エアの骨を真剣に考えているショップだと思います。
BB弾もめっちゃくちゃ安いし、店員様も最高に親切。
いつもありがとうございます。


家へ帰って、今日購入したパカ山ノズルのことを調べると、
これはつまづきHOPを改善できるものではないことが分かりました。
また、エアシールにより多少なりともタペットプレートへ負担をかけてしまうため、
理想のノズルには程遠いと感じました。

で、以前から少し構想を練っていたスプリング式ノズルを作ってみました。

弱いカスタムバルブスプリング等をノズルに巻いて、はんだごてで、
ノズルに埋め込むだけ。
あとはその角度がずれないようにタペットプレートと合わせるだけです。
技術があれば、簡単に作れます。

これなら、高い耐久性も得られるはずです。
無題
理論上では、
大きさの違うBB弾でも、
また、HOPを調節しても、
すべてこのスプリングによって、
自動的に弾を転ばない最適なポジションに保持してくれるはず!

あとは組み込んでテストドライブを行うだけです♪


個人的に、長掛けHOPは、重量弾での効果は高いいとおもうのですが、
0.2またはそれ以下の弾、または大きさに誤差のある弾では、
HOPの強さ、球の回転に差ができやすく、それによりグルーピングが悪化すると考えています。

また、その放たれた重量弾は、人体への痛み、ダメージが大きいため、使いたくないんです。
友達にむかって、重量弾が撃てない私です。

そもそも東京マルイのエアガンへの考えは、
「いかに弱い力で遠くまで飛ばすか」だと感じるんです。
フルオートの場合、飛距離よりも、弾幕よりもグルーピングが大切です。
グルーピングが良ければ山なりでも相手をとらえることができるはず。

ナマズやら柔らかけいは、その分耐久性が落ちますし、高い。

マルイ純正HOPのままが一番。

これが私の答えでした。


さっそく組み込みたいところですが、シリンダー、ピストンの重さ、他いろいろ、まだまだやることはたくさんあります。
明日は妹の結婚式なので、
もうそろそろ寝なくては~。

最後に一言、namiちゃんLOVE。

かっぱバレルが欲しい!!!自称バレル番長iku。

ファイアフライから「かっぱバレル」というものが発売されましたね。
内径6.15といえばAPS-グランドマスターと同じ内径ですね。
さらにROMによって無駄なBB弾の摩擦を減らすことにより、
HOPを安定させるという、なんとも素晴らしい内容。

バレル番長と呼ばれるこの私が、欲しくないわけがない!!!

今まで「ただバレルを変えただけではグルーピングは上がらない」なんてずっと言われてきましたが、
このかっぱバレルには期待しちゃってもいいんじゃないでしょうか!?

これは欲しい!けど…
トラックの目の前に飛び出して101回目のプロポーズばりに、こう叫びたいです。
「僕は買えましぇん。僕は買えましぇん!
 あなたが高いから、僕は買えましぇん。
 僕が、幸せにしますからぁ!」

バレル番長から言わせてもらうと、(ホビーライフ店長に教わっただけです)
一番大切なのは、バレルと弾の相性。
ルーズ過ぎてもダメだし、タイト過ぎてもダメですね。

BB弾のサイズにわずかでも違いがある以上は、
サイズに違いがあればある程、
タイトよりもルーズバレルのほうが散らばりにくいハズです。

かといって下手なルーズよりも、
マルイの6.08インナーと、決して小さくはない、マルイ製BB弾との相性が良かったりしますね。

エクセルバイオがあんなに大きさがばらばらなのに、意外と散らばらないのは、
バレルに対して小さく作られているからなんですよね。その、エクセルバイオを選別して使えば、さらにグルーピングは増すかもしれませんが、あれって結構凸凹してますよね…。選別どころの話じゃない?
その凸凹が小さな羽根となり、飛距離を生むのかも?
でもよく飛ぶし、風に影響されにくいし、フルオートで撃つ分には、非常に良い弾なんですよね~。

まぁホントのところはよくわかりません!
いろいろ考えられるから面白いんです!

実はこの私の「バレル番長」とは、namiちゃんに命名されました。
002_20111012231835.jpg
私はショップに入ると、まずはじめに中古のバレルを探して、発見してはそれを味わいまくります。
そして、安くて欲しいものを見つけると、使わないバレルでも購入してしまうのです。
見てください、この私のバレルコレクションを。
003_20111012231834.jpg
そんな私の特殊な趣味に、いつもぴったりとくっついてきてくれるnamiちゃんは、本当に稀有な存在です。
私に対しての性格が良すぎます。いつも私が着用している服の半分以上は、namiちゃんからのプレゼントなんです。
愛されています。だから僕も愛しています。

えへへ♪

↓は、かぢやさんに紹介していただいた古いお店で偶然見つけ、
 私があ~だこ~だずいぶん騒いで、迷惑をかけて安くしてもらった宝物です。店長ありがとう!
004_20111012231833.jpg
今は亡きOKパーツのバレルです。
航空機などの、非常に精度の高い製品を製造していたメーカーです。
名前が「オーパーツ」に似ているところも好きな理由ですw
そのOKパーツ製、PSG-1の05バレルでっすよ~ん♪
どちらも今のところ全く使う予定はありましぇん!
現在のパワー既定では切らないと使えましぇん!
切るのはもったいなくて、出来ましぇん!
シルバーコートバレルも持ってます。
どれも私のコレクシぇンです。
↓の三本はサイクロンバレル、ライフリングバレル、ツイストバレルです。
005_20111012231833.jpg
ピント調節がオートのため、手前のほうしか見えませんが、奥までずっと螺旋になっています。
007_20111012231832.jpg
こんなものを何十年前の日本人が作ったと、考えるだけでもウキウキしてしまいます。
この超ルーズなサイクロンバレルは、エアタンクなどのパワーソースを使い、圧力、気流量を調節して、
かつ10mm以内では、非常にすぐれたグルーピングを発揮しますが、
HOPがないためサバゲーでは使えましぇん!
軽くて大きめの弾程、良く横回転し、安定したりするなど、普通の常識と外れたバレルなんです。
自分の実験で、現在売られている弾のなかで、サイクロンバレルと相性が良いなと思うのは、MAXIの0.2gです。
え?誰もこんなバレルつかわんからそんな情報いらんて?

とにかくいろいろ集めてます!
そういえば、古いバレルを探しては、ホビーライフの店長に聞いて、
昔話をしてもらうのが好きでした。
エアガン業界って、語るに語りつくせない長い歴史があるんですよ~。

以下マルイ電動のバレルいろいろ。
ざっと見ただけでも、大きく分けて2.3種類に分類できますね。
012_20111012231844.jpg
左の2本が旧バレルです。
013_20111012231843.jpg
旧バレルは、内径が6.1だと言われています。現状のものは6.08だというのが定説ですね。

内径の測り方として、私がやっているのは、
きれいにしてから、片方の穴を塞いで、BB弾を自由落下させる方法です。
これによって、マルイの新より、旧のほうがルーズなバレルであることを実感できます。
(さっき思ったのですが旧バレルは、ホップ穴周りがややきついかもしれん。あくまで妄想です。)
この技を使えば、謎のバレルが、マルイのよりも太いか、細いか、または同じかが分かりますね。
014_20111012231843.jpg
かっぱバレルは我慢して、
旧マルイバレルを使うことに決めました!
案外こっちのほうが弾との相性良いかもよ~!?
あくまでかっぱバレルに対抗してみます。

ピカールで磨いてから、さらに30000番の粉やすりで磨いて、
POMもびっくりするくらいのつるんつるんににてやんよ~。

かっぱバレルのおかげで、バレル番長魂、ここに復活しました。

ファイアフライ様、これからもそんな素敵なパーツ創りを、どうか頑張ってください。
ファイアフライ商品大好きです!

スギハラ様をはじめ、皆様ありがとうございました!!!!

30オーバーの魅力があふれる新チーム、
魔銃機甲(モンスターガンズ)に加わりました。

名前は左から…ボヤッキー1~5でお願いしますw

素晴らしき友情友好チームA・S・I・D
皆様いい顔されています。
078.jpg
左からCHADさん…他名前聞きそびれてしまったので、こちらもボヤッキーで許してください。

われらがキャプテン・ロバート様。
057_20110925213104.jpg
ホンマモンのソルジャーさんとも、英語ペラペラ~。なんて頼もしい人!


他撮影させていただいた戦友也。
全員はとれませんでしたが、
ナイスショットが多くとれました。

勝手に撮影したものもあるので、
乗せてはいけない写真など知らせていただければ、すぐに対応いたします。
また、このサイトの写真はすべて無断掲載・転用okです。

050_20110925213107.jpg
051_20110925213106.jpg
041.jpg
043_20110925213021.jpg
044.jpg
046_20110925213020.jpg
047_20110925213019.jpg
048_20110925213019.jpg
030.jpg
031.jpg
032.jpg
035_20110925212935.jpg006_20110925220112.jpg
068.jpg
007_20110925220439.jpg
008_20110925220438.jpg
033.jpg
037.jpg

036.jpg
038.jpg
022.jpg
029_20110925212631.jpg
002_20110925212550.jpg
010_20110925212549.jpg
004_20110925212549.jpg
003_20110925212550.jpg
062_20110925213206.jpg
056.jpg

フィールド風景
今回の台風で一番打撃を受けたのは、
植物かもしれません。
016_20110925212548.jpg
012_20110925212548.jpg
017_20110925212633.jpg
020_20110925212632.jpg
023_20110925212631.jpg
052.jpg
053.jpg
そんな植物の力強さも感じつつ、
フィールドに敬礼!

銃のデザイン。

myweapon (1)
↑これ作るのにいくらかかるのだろう…。
 こんなの持ってフィールドへ行けば、みんなきっと楽しんでくれるに違いない。

そんなのも作りつつ、
本当に欲しいのはコレ。
myweapon (2)
↑マグプルAK。
マガジンとバレル、弾のサイズが違うところがポイント。
来月の給料日までに、マネーが残っていたら作っちゃおうかな♪

消音ハイサイクル 今度こそ成功!?

↓図、一番下のピストンを作ってみたのですが、
弱いスプリングならば消音性が得られるのですが、
ハイサイで使うようなスプリングでは打撃音がするため失敗。
ピストン 作戦
ふつうのエアブレーキでは、ピスクラを起こしてしまうので、
当初に考えていた、
ピストンを縮めて、その分ダンパーを厚くする作戦に戻しました。
数種類のホームセンターへ行って、
これはというものを買い集めて実験。
クッション
私が入手したものの中では、Poronのゴムが一番でした。

前回のエアロスの失敗を踏まえ、
できるだけエアロスをしないように、かつ、音がしないように、
ダンパーとピストンヘッドの形状を加工。
ピストン
先ほどバージョン3のメカボで試したのですが、
30発/秒間位では、全くピスクラ等起こす気配もなく、
快調に作動してくれました。
比べて
そして、消音性も抜群です。
宇宙船
後は初速が出てくれているか…。
一番の胆は、Oリングとシリンダーのサイズのマッチング。
これでフルシリンダーが、
フル加速シリンダーになってくれていれば成功です。

 | ホーム |  次のページ »

プロフィール

iku

Author:iku
iku 193R-30W
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
nami M4-pink
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Foxtrot M60-M4-MINIMI-LMG全般
-------------------------------
現在、東京都近郊限定で、
近場のフィールドにお邪魔します。
-------------------------------
☆OPS
◎庭
△BLAM
△IBF
SPFにも行ってみたい。

検索フォーム