2020/02
 1234567891011121314151617181920212223242526272829 

夜戦での出来事

天気は快晴。
真夜中9時だというのに、
数百メートル先まで見える。
今まで、満月がこれほどまでに明るいと思ったことは無かった。

ピット団 vs その他

前回は発光BB弾が品薄だったせいもありか、みんな控えめに撃っていました。
そのため、ピット団の電動ガンの凄さが良くわかっていませんでした。
ピット団…車いじりのプロ集団だけあって、電動ガンのカスタムなんかは簡単なことなのでしょうか。
秒間30を超える電動ガンは当たり前な様子。

音を聞いただけでは、ガトリンクにしか思えないほどです。


今回私が一番活躍できた戦いは、
トランク戦でした。
トランク戦とは、中間にあるトランクを相手チームのフラッグまで持っていくというゲーム。
今回ピット団の、いつも切り込みをしている人がお休みだとかで、
スタート後のアタッカーだそれほど攻め込んでこない状態でした。
そんな状態だったので私は「トランクは高確率でこっちがとれる」と確信。
私は、スタートとともに、銃を置いて、手ぶらで走り出しました。
「トランク取ってきます!」と自信ありげに叫びながら。

フィールドの地形になれてきて、いつも4キロ超えのフルメタルを振り回しているせいもあり、
像以上に足が軽い。
ぶっちぎりでトランクに到着し、ぶら下げてあったトランクを取り、
味方チーム部隊の中心へ向かい走りました。
ダンベルが入った10㎏のトランクですが、重いとは感じませんでした。

しかし、到着直前に後方より被弾。
私は味方全員に聞こえるように「ヒット」と叫ぶ。
そのヒットの声の裏には(俺が命をかけてGETしたトランクだ。あとは頼んだ)という気持ちが隠れていることは、言わずとも分かってもらえたと思う。

余談ですが、私がヒットされたとき、敵との距離はとれていたのですが、
背中の識別サイリュウムが丸見えだったことに後で気づきました。

私の想いをくんでくれたのか、勢いがついた味方チームは、今までにないくらい、どんどんと進撃していく。
お互いディフェンスが硬く、一回たりとも、
相手のフラッグさえ拝めることすらできない状態だったのに!!!

スミソン大尉をはじめ、味方の猛突撃により、トランクはあいてフラッグのすぐそばへ。
しかし、最後に「GET」一言、トランク到着を本部へ知らせる無線を入れることができない。

なぜなら、ピット団はディフェンススペシャリストだからです。
どんなゲームでも、大抵数名のディフェンサーを残していくピット団は、まさに鉄壁。
ハイサイだらけのディフェンサー軍団。

そんな中、フラッグのそばまでトランクを運べたことは奇跡といっても良いことでした。
そう奇跡。
実は奇跡が起きていたのです。
その出来事は、スタート直後にまでさかのぼります。
なんと、私がぶら下げてあったトランクを持ち出すとき、
知らずのうちにトランクの取っ手を引きちぎり、
取っ手についてあったサイリウムが無かったのです!!!

このためトランクの運び手への被弾が遅れたのでした。

しばらくディフェンサーとのにらみ合いの中、おしくもタイムオーバーのホイッスルが鳴り響く。
夜戦は一ゲーム10分しかないのです。

ドローになりましたが、今回の夜戦の中で、
ゆいつ、フラッグ直前までたどり着けたゲームでした。

ありがとうございました。

そして、
トランク壊してすいませんでした!!!

今日トランク戦をできなかったら、私のせいですw
ホントすいません。

他にも面白いシーンはありましたので、
また機会があれば載せていこうと思います。

« 相模原オールスターズ2011/2/20 | ホーム |  いろんな銃を黒槍化。 »

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://chogun.blog114.fc2.com/tb.php/172-f701891f

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

iku

Author:iku
iku 193R-30W
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
nami M4-pink
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Foxtrot M60-M4-MINIMI-LMG全般
-------------------------------
現在、東京都近郊限定で、
近場のフィールドにお邪魔します。
-------------------------------
☆OPS
◎庭
△BLAM
△IBF
SPFにも行ってみたい。

検索フォーム