2018/12
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイサイで消音に失敗。

とりあえず失敗
とりあえず、ハイサイで、まずますの消音は成功しました。
しっかし、悲しいことに、初速が安定しません。
45~60のバラつきってどんだけ~!

このカスタムは、
ます、セクターをカットした分、金属歯ピストンの後ろをカットして、同じ数にします。
で、セクターとピストンの歯が噛み合うまで、高性能ダンパーの高さを調節するというやり方です。
簡単に言うと、約20㎜にも及ぶちょうど良い硬さ加減の、分厚いダンパーで、消音化を図るという作戦でした。

フルシリンダーとなるため、ピストンヘッドおよびOリングは小さめにして、
スプリング任せの、フル加速シリンダー状態で使いました。

エチゴヤの店員さんが言っていた通り、やっぱりダンパーっていうのは、
撃つたびに微妙な形状変化が起きて、初速に変化を与えてしまうのかな?
また、シリンダー容量の無駄遣いによって、初速が上がり辛いという状態になってしまっているのかな?

スプリングでダンパー作れば良いかw

もしかして、バレルをもう少し短くすれば、安定するかな~?

それともやはり、エアダンパーを使った方が良いのかな。


成功した点といえば、セクター三枚切ったぶん、金属歯ピストンの後ろを三枚切れば、
ピストンが軽くなるし、シリンダー内部に余裕ができる。という点ですか?

金属ピストンをグラインダーでカットして、足りない部分を切って貼っただけで、結構使えることに気付いたw

案外、ダンパーとして、超高レートスプリングでも仕込めば上手くいくかもよ?
それとももっと、形状変化の少ないゴムを見つけるか。

楽しい研究は続きます。と言いたいところですが、
失敗が恐ろしくて、普通のセッティングに戻そうかとも迷っているikuでした。

« 三つ巴の戦い。OPSにたくさんの星達が集まりました。 | ホーム |  コレ、最強のメカボじゃね!?こんなメカボ、アリエッティ! »

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://chogun.blog114.fc2.com/tb.php/278-facce2bf

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

iku

Author:iku
iku 193R-30W
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
nami M4-pink
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Foxtrot M60-M4-MINIMI-LMG全般
-------------------------------
現在、東京都近郊限定で、
近場のフィールドにお邪魔します。
-------------------------------
☆OPS
◎庭
△BLAM
△IBF
SPFにも行ってみたい。

検索フォーム